読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのBL、これ読んだ。

BL書評ブログ。BL漫画、BL小説の読書感想文。作中のストーリーに触れていますのでネタバレ注意です。

愛されたくない 夜光花 ツンツンツン受け!!

今回はBL小説です。

大好きな作家さん夜光花さんの「愛されたくない」を読みました。過去作もほとんど制覇しているので、過去に戻って感想を書こうかな。 

それと、なぜかシリーズもの(少年は~とバグ)には手を付けていないので、そろそろ読んでみようと思います。

 

愛されたくない (リンクスロマンス)

愛されたくない (リンクスロマンス)

 

 

 評価 ★★★★☆ 

 

ここからネタバレはいります。

 

 

小説は高校三年とその八年後の二話構成になっています。

他の方の感想にも書かれていましたが、一話と二話のイラストが違い過ぎです!それが評価を下げている理由です。絵柄をもう少し、どちらかに合わせて欲しかったな……。表紙絵だけでみると、社会性がない人のように見えちゃうのよね。表紙は八年後の姿なんだけど、受けはサラリーマンだし、攻めはボランティア活動家(というのかな?)ですしね。そして、受けの表情が攻めに向かって「どうして愛してくれないんだよ」って言っているように見えちゃう。本当は逆だし。

 

ストーリー自体は大好きな夜光花さんなので満点なんですよ。

どういうわけだか執着が強い攻めの三神(みかみ)とそれを相手にしない受けの恵(けい・主人公)のお話です。執着攻めも大好物だし、ツンツン受け(デレなしのほう)も大好物なので、ストライクゾーンど真ん中なんですよね^^

 

高校三年の不自然な時期に転校してきた恵は、入学前の学校見学の時に三神にロックオンされちゃうんだけど、そこから三神は見ているだけで何もしてこない。

でも、ジリジリと詰め寄る攻めのストーカー、挙句の果てにはりょーじ○く・監禁。キターって感じですよ!一方的に好き好き攻撃をしてくる攻めは大好きです。なんで好きっていってくれないんだよ、俺を拒むなって感じでね(そんなセリフはあったかどうかは不明)。攻めは受けの体力なんてお構いなしに、いつまで続くのかわからない……行為を受ける。夜光花さんの小説ではこういう展開が多いですね(お強いのですね、って。笑)

 

ですが、一個ツッコミを入れたいのは、監禁は攻めの母親によって助けられるのですが。母親は鎖を電動のこぎりで切るのです。

しかしですよ、避難先のホテルで手首に付けられていた手錠をおもちゃなので安全ピンで外れたって書かれてて……。

え……電動のこぎり使う必要ないじゃんって(笑)

助けてくれた母親はきっと動揺してたんだよね……そう思うことにします。

でも、ふと思った。母親は繋がれている鎖じゃなくて手首を切り落とそうとしてたら? な~んて、ね…。ホラーになっちゃうよね。でも、助けられた後、ホテルに連れて行かれる時、母親に非難の声を言おうとしたが止めておいたって描写がありましてね。母親の機嫌をそこねたら困るって恵は思うのです。動転した母親、息子を守るために証拠隠滅!?ってこともありえなくないので、ね|д゚)

 

第二話は終始ラブラブ(?)大人になった恵がなんだかんだで三神を受け入れていく話です。恵は例の事件をきっかけにブラックさが増して、ちょっと性格悪い子に育ってしまったみたいですが、そういう子は好きなので良かったです。