読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのBL、これ読んだ。

BL書評ブログ。BL漫画、BL小説の読書感想文。作中のストーリーに触れていますのでネタバレ注意です。

誰にも言えない恋のうた いさか十五郎 恋に臆病で、小悪魔系で、ガリ勉で

BL漫画 いさか十五郎

いさか十五郎さんの「誰にも言えない恋のうた」を読みました。いさか十五郎さんも大好きな作家さんで、作者買いする一人です。

しかし、残念ながら合う作品と合わない作品があります( 一一)キャラの表情やセリフのセンスがよいので、それだけでも満足なんですけどね~。

 

誰にも言えない恋のうた (G-Lish Comics)

誰にも言えない恋のうた (G-Lish Comics)

 

評価 ★★★☆☆ 3つくらいかな~?

 

同じ大学を舞台にした3組のカップルのお話が収録されています。

 

この3つ。

「誰にも言えない恋のうた」「逆回転ラバーズ」「視線の温度」

 

それぞれについて言及します。

 

以下、ネタバレします。

 

 

・誰にも言えない恋のうた

大学二年生の花汰(攻め)と 小説家でバンドのボーカルも務めている司朗・30歳(主人公・大学の学食でもバイトしている)のお話。

 

引っ込み思案な性格の司朗は、積極的でノリが軽くカッコいい花汰から求愛されている。しかし、司朗は恋愛ごとには不慣れで、好きとか簡単に言える奴は信用できないと花汰を突っぱねている。二人はそんな関係です(笑)

 しかし、司朗はライブステージでは別人のように変貌します。その姿を知った花汰は動揺してしまいます。極めつけに、司朗が用意した花汰宛の誕生日プレゼントを受け取り拒否します。実は、そのプレゼントは司朗自身が用意したものではなく、人づてで用意したものなんです。そこで、ようやく二人は動き出す。

 

「俺、司朗さんが欲しい」ってね。

 

読み切りなんで、この後にもうひと悶着あるわけでなく、

二人は愛を確かめ合います(笑)

 

ものたりないなぁ~( 一一) せっかく、二面性を持った主人公なのに。ボーカルしているときはかっこいんですよ、司朗は。設定を創り込み過ぎちゃって、風呂敷を閉じ切れていませんので未消化気味です。

 

ですが、本作は何といっても津田という人がカッコいいです!津田は司朗のバンドメンバーです。津田はクールで意地悪そうな容姿をしています(笑)しかし、面倒見がよいタイプ。「ったく、しょうがねえなぁ」って声が聞こえてきそうなタイプです。あ、これは私の妄想です。

 

しかし。しかしですよ! 三作もあるくせに、なんで、今作で津田の絡みはないんだ? ってキーってなりましたよ。

 

・逆回転ラバーズ

大学生同士。真面目で純朴そうな青年の広尾(攻め・主人公)とビッチなメグのお話。 

 誰とでも寝てしまうメグ。そんなメグと広尾は一夜を共にしてしまい、虜になってしまう(笑) 自分としか寝ないで欲しいと思う広尾が奔走する話でした(笑)

 

正直、あんまりキュンとしませんでした(-_-;)

 

・視線の温度

正体不明(?)の書店員の清正(攻め)とインテリ眼鏡でちょっぴりヒステリーな恵比寿君のお話。

 

書店員さん、いきなりの登場で、頭が追いつきませんでした……。

 

おまえ、誰やねん( `ー´)ノ

 

……

 

……

 

。。。

 

おっと、今気が付きましたが、

本の帯にそれぞれのカップルたちの説明がありました。

 

1.人たらし大学生×恋に臆病な三十路

2.世話焼き真面目男子×小悪魔系ビッチ

3.無愛想強引眼鏡×ガリ勉男子

 

だって。

 

え? 説明になってないって(笑) 

 

たまには、そういうこともあるよ(笑)

 

 

そして、こちらの作品は元々は電子で出た作品なんだね~。

 

誰にも言えない恋のうた

誰にも言えない恋のうた

 

 

 私は書店で購入したので、初回限定ペーパー付きでした~^^

 

いさか十五郎さんは、これからもどんどん本を出して欲しい作家さんです!

 

ごちそうさまでした♪

 

mrank.tv