読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのBL、これ読んだ。

BL書評ブログ。BL漫画、BL小説の読書感想文。作中のストーリーに触れていますのでネタバレ注意です。

眠り男と恋男 座裏屋蘭丸 ツンデレ男の涙には弱いんです。だって腐女子だもん。

続けて、 座裏屋蘭丸さん作品のご紹介です。

ちなみに作者名は”ざりやらんまる”と読みます(笑) 私はちゃんと見ない癖がありまして、ざらんまると呼んでいました(笑)

裏と屋はどこへいった? って感じですよね。私の脳みそと目は、裏と屋は見えないものとして扱っていたようです。

ちょっと凝った作者名ですと、なんて読むの? って不安になってしまいますね。読めなくてもテストに出るわけじゃないから問題はないのですが。

ってか、BL界でもキラキラネームが流行っているのかしら? おげれつたなかさんとか。こちらは漢字ではないですが。

 

 と、前置きはさておき(笑)

 

「眠り男と恋男」を読みました。

 

http://www.chil-chil.net/goods_img/XL/00052478_XL.jpg

www.chil-chil.net

作者 座裏屋蘭丸

発売日 2015年7月10日

出版社 リブレ出版 ビーボーイコミックスDX

 

評価 ★★★★☆ 

 

Amazonではまだ取り扱いがなかったようなので、画像とあらすじはちるちるさんからお借りしました。※取り扱い後は修正する可能性があります。

 

さっそくネタバレ感想に入ります。

 

 

 

本作は、眠り男と恋男、優しいディナー、夜を逃げる、太陽と秘密、待つ花、と5作品が収録されています。

こちらの作品ですが、 PET契約と同様、全編エロいです(笑) よみきり全てがエロいって、実はお得なんじゃないかって思えてきました!

PET契約と比べますと、私はこちらの作品のほうが好きです^^

 

・眠り男と恋男

表題作。ノンケで睡眠中に無意識に性行動に出てしまう病気を持つロイス(攻め)とゲイで密かにロイスに恋するクールな性格のジュード(主人公)

 

はい、ツンデレ作品です!わーい、大好物(*´▽`*)

 

二人は行商を営んでおり、相棒です。町から町へ移動するときは常に一緒。寝るときも一緒。そんな中、ロイスの例の奇病である睡眠中に無意識に性行動に出てしまう病気が発病し、同じ部屋で寝泊まりするジュードを標的がされてしまう。

 

ジュードはロイスにいたされちゃいます(笑)この〇〇〇シーンは良かったです。

「もうちょっと……うえ……」(ジュードは後ろ向きの体勢)

って切ないジュードの声にはたまらない(∩´∀`)∩

 

ロイスはこの病気のことを知りません。ロイスはノンケで、まともだったら絶対に相手にしてもらえない。なので、ジュードはこの病気のことを黙っているのです。でも、本当はこのままじゃ駄目だって思っているようです。

 

朝目覚めると真っ裸で、脱ぎ散らされた衣類があり、さらに体に無数のひっかき傷があることをロイスは気が付きます。さらにジュードの首元にキスマークがあることに気が付きます。

 

これは何かがおかしい……って思うんだけど、そこは鈍感なロイス(笑)ジュードに「一服盛った?」って聞いてしまいます。ジュードの健気な恋心を土足で荒らす行為です(笑) 顔面パンチがさく裂します。

 

再び、あの奇病が発生(笑) ジュードは、もうやらせねえよ、って抵抗します。さらに乙女心を傷つけられた台詞が甦り「一服盛ってねえよ」ってロイスに向かって言うのです。

 

その言葉に反応し、ロイスが覚醒します。自分の仕出かしたことに気付いたロイス。そこで、慌てふためき、パニックに陥るのかと思ったら。ところがどっこいなんです(笑)

 

ロイスはジュードにキスをします!それで、そのまま行為を再開します。

「おまえ起きてんの?」ってジュードが泣きながら抱きつくシーンは良かった!

 

このラストで愛を確かめ合ったと思ったら、まだまだ終わりません。話は第二話へと続き、ロイスが奇病を治そうと必死に堪えます。そんな時、ジュードの昔の男が現れます。ロイスはジュードへ近づく男にたいして、嫉妬心が芽生えます。でも奇天烈な発言もジュードにしてしまい、再び、顔面パンチ(お約束)

 

ジュードは再び昔の男から口説かれてしまうんですが、ロイスへの気持ちは本気だ!と誘いを突っぱねる!その瞬間を偶然居合わせたロイスは見てしまいます。ジュードの気持ちを知り、ジュードの存在が愛しくなる。そして、ようやく自分の気持ちに気が付くってお話でした。

 

やっぱりジュードのツンデレは最高です!

なんかジュードはね、エッチのとき、いつも涙目なんだよね(笑)

あれはキマスネ(;'∀')

 

他の収録作品ですが、一言感想を述べます。

 

・優しいディナー:シェフと偏食の客

 食べ物を粗末にしてはいけません!

 

・夜を逃げる:作業員と暗闇恐怖症

気持ちが通じ合ったシーン。そこまでは良かったです。しかし、その良い場面での玩具(しかも上級者向け)は要らないです! 普通じゃだめだったの? 何かの特集物だったのかな? そう勘ぐらざるを得ない。行為だけは好きです(笑)

 

・太陽と秘密:旅行者と南国少年

私、大衆の場で辱め行為を受けるのは好かんとです( ̄д ̄)

※電車痴漢系です。正確には電車ではなく、作業員の集団を荷台に乗せて走るトラックでした。

 

 ・待つ花:地主(イケメン。笑)と巫女的な?

食べ物を粗末にしたら、ばちが当たるよ。そんなバナナ。

 

というわけで、かなり楽しんだかも(笑)

 

ごちそうさまでした♪

 

mrank.tv