読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのBL、これ読んだ。

BL書評ブログ。BL漫画、BL小説の読書感想文。作中のストーリーに触れていますのでネタバレ注意です。

ジェラールとジャック よしながふみ 時代はフランス革命(1)

BL漫画 よしながふみ

現在、私の中でよしながふみさんブームを展開しております。実は「きのう何食べた?」の9巻まで読了しているのですが、どこの本屋へ行っても10巻が見つからないのです。最新刊の11巻まで読破したら、感想を書きたいと思っています。これはネットで購入すべきかな~。

 

ってなわけで、十年以上前の作品になりますが「ジェラールとジャック」を読みました。私の読んだのは、ジェラールとジャックが一冊で読めてしまう文庫本バージョンです。

ジェラールとジャック (白泉社文庫)

ジェラールとジャック (白泉社文庫)

 

 

内容紹介

フランス革命前のパリ――。親の借金のかたに男娼専門の売春宿へと売られた、貴族の少年ジャック。彼はそこで「初めての客」として出会った、銀髪で顔半分に大きな傷を持つ男・ジェラールの屋敷で偶然に働くことに。
時が経つに連れ、次第に強く美しい青年へと成長していくジャック。そして彼を見守るジェラールの心の中には、閉ざされたある悲しい出来事があった…。
革命の嵐の中、歴史の波に翻弄される二人の運命は…!?

 

時代はフランス革命前のパリ――。ってそんなにフランス革命期は詳しくありませんので、ちょっとだけフランス革命前後のフランスを勉強したいと思います。私にしては真面目ですね~。いろんなサイトから引用させて頂きました<(_ _)>

 

フランス革命は世界史上の代表的な市民革命とのこと。フランス革命以前のフランスは第一身分の聖職者、第二身分の貴族、第三身分の平民と三層に格付けされています。第一身分と第二身分の方々は特権階級と呼ばれ、なんと納税の義務がなかった!納税義務があるのは第三身分である平民たち。これらは人口の80パーセントを占め、農家や銀行家などの労働者たちです。

ルイ15世の時代までは豊作で人々は豊かな生活を送っていました。しかし、ルイ16世の時代となり、天候が悪く農作物は不作となります。また唯一豊作であったブドウのせいでワインの価格が値崩れを起こし、人々の生活は不安定となっていきます。

ルイ16世の奥さんと言えば、有名なマリー・アントワネットです!「パンがなければ生ごみを食べればいいじゃない」って、違った。これはネウロの発言でした。「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」って有名な世相を反映した言葉がありますね。マリー・アントワネットは浪費を繰り返し遊び惚けて国民の怒りを買います。ちなみに旦那さんのルイ16世は包茎だったとか――。手術で治すことを嫌い、そのせいで子供ができなかったそうですが、これを見かねたマリー・アントワネットの兄がオーストリアから出向き、ルイ16世を説得し手術を受けさせる。そうして、ようやく4人の子どもを授かるようです。

1789年7月14日。王政に対する民衆の不満が爆発し、フランス革命が勃発します。実際のところ、国が財政危機に陥ったのはマリー・アントワネットの浪費のせいだったわけでなく、ルイ14世以降の王族の浪費や戦費の拡大、貴族の年金などが元々の原因でしたが、アメリカ独立戦争への参戦などによる20億リーブルの拠出が、財政危機を決定づけたとのことです。

 

革命が終焉を迎えるまで、まだまだドラマがあるようですが歴史を書き連ねるのはこの辺にしておきます。

 

~参考サイト:下記サイトを引用させていただきました~

manapedia.jp

 

ルイ16世とマリー・アントワネットの子どもたちについて

 

 あ……。「ジェラールとジャック」の感想に触れてない(笑)

長くなったので、本の紹介は次回に持ち越します!ごめんなさい。

 

実はパリではないのですが一週間ほど旅行に出かけてきます。はい、マリー・アントワネットの生地に行ってきます!

ハプスブルク家モーツァルトを堪能してきます。旅行期間中は「ジェラールとジャック」の感想、といいますか、完全ネタバレ実況と言った方が良い内容のものを公開します。旅行前にご近所のお話が読めて良かったです。

この「ジェラールとジャック」は過去に読んだことがある方も多いと思います。まだ読んでないという方は是非一度読まれていいのではないかなぁ~と思う作品です。

 

 

 

mrank.tv