読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのBL、これ読んだ。

BL書評ブログ。BL漫画、BL小説の読書感想文。作中のストーリーに触れていますのでネタバレ注意です。

好みじゃなかと 見多ほむろ 全然好みです!方言BLです。

見多ほむろさんの「好みじゃなかと」を読みました。見多ほむろさんの作品を読むのは初めてです^^ 

タイトルは「好みじゃなかと」ですが、私はすごい好みの作品でした!

 

好みじゃなかと (Charaコミックス)

好みじゃなかと (Charaコミックス)

 

 

続きからネタバレ感想にはりいます。

 

 

内容紹介
倒れた父に代わり、九州にある実家の工場で社長代理を務めることになった幸典。
右も左も分からない幸典が父に頼るよう言われたのは、工場長の槇だ。
髭面で無愛想で手荒いけれど、仕事ができて面倒見もよく、社員の皆に慕われている槇。
ところがある日、自分がゲイだと槇にバレてしまった!!
しかも「あんた絶対、逃げつつも犯されたい口たい」と押し倒されてしまい…!?

 

ひげ面無愛想で35歳の工場長の槇(攻め)と社長代理として九州の実家に戻って来た幸典(主人公)のお話です。槇は方言で会話します。

 

話のスタートはよくある話です。父が倒れて、東京で就職していた息子が父親が経営する工場に社長代理として戻って来ます。工場の仕事のことが全く分からない幸典は仕事の内容もわからず、社員たちとコミュニケーションも取れていません。

 

でもね、この主人公。まるで駄目ってわけじゃないんです!!!そこが良いポイントです。実は、記憶力が飛びぬけていいんです!一度聞いたことを丸っと暗記してしまう能力の持ち主なんです!最初のうちは、その能力のせいで社員から変人扱いされちゃうんですけどね(*´Д`)まあ、右も左もわからずオタオタしているほうが可愛いってことでしょうかね~。

 

おっと、槇のことを忘れていた(笑) 父親から、わからないことがあれば槇に聞けばいいと幸典は言われています。頼るんだけど、槇は無口で無愛想。しまいには「悟り世代はググるのがお得意なんじゃなかと」と言われてしまう(笑)方言+現代語のミックスに何故か萌えます。

 

そうは言っても、なかなか会社に馴染むことができない幸典のことを槇は槇で考えてくれています。その方法は、フーゾクに行くこと!え、飲み会じゃないの~(*´Д`)

で、女の子と個室で二人っきりになるんだけど、幸典はゲイなので何もできません。事情を察した女の子はお酒とおつまみを用意しますと言って部屋を出ていくんだけど、そのおつまみは槇でした。幸典だけ、と思ったら、なんと槇も同じくゲイでした。なんて高確率(笑)さらに、女の子からは気を使われて二人っきりにさせられてしまう(笑)

 

そこから二人は少し打ち解けるんだけど、何を思ったのか、槇が幸典に襲いかかります!!展開が早い!九州の男はそうなのか? 据え膳食わぬは男の恥なのか?

襲われそうになるんだけど、幸典はどんっと槇を突き放し、「好みとかあるでしょ」と言って突っぱねる。おまけに吐いてしまう。槇を拒んだのは、幸典の過去のある出来事のせいなんです。 実は幸典は年配の人が相手じゃないと駄目な人で(枯れ専?)、それは過去に若い人に強引にされたことがきっかけでそうなったということでした。

 

一度は突っぱねてしまった自分に対し、槇に優しく寄り添ってくれてるんですね。槇は社員たちに慕われ、仕事に真面目で、優しいんです。そう、幸典は知らず知らずのうちに槇を気に掛けているんです。そう、知らず知らず(笑)

 

そんな中、社員のミスがあって、槇さんが対応するんだけど槇さんは営業がまるで駄目なんです。そこで登場するのが主人公!美味しいところを持って行きます。このシーンはスカッとします。

 

問題を解決させた二人はその後急接近します。疲れて横になっている槇に向かって、幸典が素直に「槇さんのおかげです」って言うんです。この主人公は曲者ですよ~、まったく。

そして、槇による不意打ちキス!おっと、今のは忘れて、と立ち去る槇に追いすがり、幸典もキス!ぎゃあ( ゚Д゚)心よりも体が動いてしまった瞬間です!幸典も逃げ去ろうとしたら、開いたドアに衝突し、怪我をする(笑) なんとも情けない展開ですね。

 

頭を少し切って、眼鏡は割れてしまうのでした。眼鏡がないと目が見えない幸典のことを思い、槇は幸典を見張ると言い張ります!家に泊まることになるのです(笑)

そこからは幸典が自分と向き合い、互いの思いをぶつけ合って、って展開になります。最後、端折り過ぎですね。でも、エッチはB止まり。いまどき、Bって言い方(笑)

 

ラストの空港での別れのシーンも良かったです。攻めにやられてばかりじゃない食わせ物の主人公って感じで私の好みです。主人公は攻めよりも気持の面で優位に立っている方が好みです。 

 

最後に本作で気になる点を述べておきます。恋の気持ちの移り変わりが早い点が少しきになりますね。若干、気持ちが置いてきぼり状態になります。そして、違和感を覚えるのは35歳で工場長ってところかな~。現実はもうちょい上の年齢のような気がします。けど、18歳から働いていることを考えると勤続年数はかなりのものか~。小さな会社だと任せる年齢なのかしら?

 

表題作のほか、「あまりものには恋がある」前後編、書下ろし番外編「好みじゃなかと 2ヶ月後」が収録されています。あまりもの~は過去の付き合っていたダメ男が結婚するので会いに行く話です。書下ろしでは、ちゃんとラストまでやっています(笑)

 

今回、説明が長すぎですね(^^;)

 

ごちそうさまでした♪

 

mrank.tv