読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのBL、これ読んだ。

BL書評ブログ。BL漫画、BL小説の読書感想文。作中のストーリーに触れていますのでネタバレ注意です。

ふらちな刑事さん 日野雄飛 不道徳の固まり。生まれ変わったら――そんなの微塵も信じてねえだろ。

以前より、本屋さんで二度三度お見かけしておりました。かのお方は、その人を惑わすような目で微笑み、そっとこちらを見つめておられます。私はついに吸い寄せられるように購入してしまいました。

ふらちな刑事さん (EDGE COMIX)

ふらちな刑事さん (EDGE COMIX)

 

 日野雄飛さんの「ふらちな刑事さん」を読みました。日野雄飛さんは初読みです。というか、初コミックなのかな? それとも初のBLコミック? その辺の情報が曖昧です。

 

なんといいましょうかね。こちらの作品。いろいろと問題があります。うーん、以前紹介した国枝彩香さんのスピンアウトとはまるで違う系統なんですけど問題なんですよ。

表紙から得たインスピレーションとは全く違う作品でした。

 

ここからネタバレ感想に入ります。

  

 

内容紹介
この男、ヤクザの情夫につき。
(チンピラヤクザ×インモラル刑事)


刑事の岳田逸生(たけだ いっせい)は、暴力団の組織を壊滅させるために、
ヤクザの伊志井卓(いしい すぐる)から身体と引き換えに内部情報を受け取っている。
「恋人や特別な人を作らない」というポリシーを持つ岳田が、伊志井の情夫になった理由はーー。
著者初のBLコミックス、満を持していよいよ登場! !

  

おおまかな話は、内容紹介通りで、刑事の岳田がヤクザである伊志井から情報を得るために体を使って情報を得ていく。刑事のほうがガタイがいいのですが、受けです。初めから淫乱な体なんです。

体の相性がよくって、伊志井はどんどんこの関係にハマっていく。刑事さんも刑事さんで男はどんどんハマっていくんです。

でも、刑事さんの心はどこにあるのか、全く掴めません。仕事第一で、使い道がなくなればヤクザである伊志井などバッサリと切り捨てる心づもりです。実際にラストでは、バッサリと切り捨てます。組みを抜けた伊志井と再会して、一緒に住むようになりますけれどね。

 

私は気になったのが、伊志井が興味深い分析をしていることです。不道徳なことに対して罪悪感を抱くことのない西田という存在がいます。西田は他人を傷つけることをなんとも思わない部類の人間です(作中では動物を平気で殺せると表現されています)。伊志井はこの西田という男と、刑事さんは同じ部類の人間であると分析するんです。なるほど、と思った瞬間でした。

西田も刑事さんもサイコパスなんだと思います。ある意味、強靭な精神の持ち主です。それにそういう人間って言うのは魅力的なんですよね。その反面、伊志井は人間的で小物という立ち位置。しょうもないチンピラなんですけど、この三人のなかでは一番まともな神経の持ち主のような気がします。

 

組の情報を流している伊志井は西田から目をつけられます。なんと、西田からレ〇プされてしまうのです!このシーンは衝撃的でした。けど、萌えてしまった私も頭がイカレ始めているのでしょうか。暴露してしまい、ちと心配(←小物の証拠)

しかし、そのせいで伊志井はセ〇クス出来なくなってしまい、刑事さんと会っても健全に会話したり、スポーツしたり、という関係になる。刑事さん、欲求不満です(笑)

 

そんな中、伊志井と刑事さんが繋がっていると知った西田が動きます。刑事さんを罠にはめるのです。捕まった刑事さんは、薬を盛られて、集団レ〇プされます。だけど、薬が盛られているため、刑事さんの目には全て伊志井に映っているんです。欲求不満で淫乱な体の持ち主の刑事さんには天国のような状況なんですね。痛めつけることで満足を得る西田からすると、この刑事さんを相手にしても全く楽しくない状況です。

 

刑事さんは駆け付けた伊志井によって助け出されるのですが、レ〇プされたことに対して「犬にかまれたようなものです」となんとも思っていないのです。やっぱ、サイコパスやな。伊志井はそう語る刑事さんを「ダイヤモンドみたいに見える」と語っています。もう好きなことを隠さない、と伊志井は思いの丈を伝えるのです。二人は両想いで、ようやく一緒になれると思ったのもつかの間、刑事さんは残酷な言葉を告げます。それも笑顔で。

 

――じゃ、生まれ変わったら、また会えるといいですね

 

刑事さんを助けてしまった伊志井は組を敵に回し、組から抜けることになります。用済みとなった伊志井は刑事さんからバッサリと切り捨てたのです。

関係を断ち切った刑事さんでしたが、警察内部の動きにより、刑事さんには薬物所持の疑いを掛けられています。そして刑事から交番勤務とされてしまいます。

 

月日が流れ、二人は再会を果たします。組みを抜けた伊志井は、パン工場で働いています。二人は再び惹かれ合い、すぐさま関係を持ちます(笑)

でもね、この刑事さん(今は交番勤務だけど)。少し会っていない間にさらに淫乱になっているんです。伊志井以外にも、ちゃんと男と付き合っているんです。しかも、少しやさぐれている? というか、ヤクザだった伊志井と接していた時は演技が入っていたようで、再会して関係性がクリアになった今は本音を出しているのかもしれないです。組織を壊滅させたいって心意気の理由も聞いたら、なんてことない理由だし。刑事さんは買い被り過ぎですよ、って言うんだけど。うーん、この理由はなんとかならなかったのかな。もうひとこえ欲しかった。

ヤクザと刑事の関係だった時よりか、今のパン工場と交番勤務、こちらの続きが気になります。もちろん、過去合っての二人なので、この話は必要なのですが。この二人のその後をもうちょっと覗いてみたいな。

 

考えれば考えるほど意外と奥が深い「ふらちな刑事さん」でした。

 

mrank.tv